授業中に落ち着き無くそわそわする子供は目が見えていない場合があります: 子供の遠視と弱視はこうして治療しよう

授業中に落ち着き無くそわそわする子供は目が見えていない場合があります

知人の子供は東京近郊の公立小学校に通うごく普通の児童です。この学校は特別生徒の多いマンモス学校ではないそうです。都市部にある平均的な児童数の学校だそうです。一組の平均人数もそれほど多くはありません。ところが、担任の先生だけは各組2名いるのだそうです。皆さんは原因が判りますか? 今の子供たちは、授業開始のチャイムが鳴り、先生が登壇して授業を開始すると集中できる時間はせいぜい5分から10分程度なのだそうです。次第にお喋りをするようになり、後ろの席では悪ふざけやお笑いグループの真似などが始まるそうです。これが合図になり、教室中が騒然となり、皆席を離れ勝手に私語を交わし遊び出すのだそうです。教師が幾ら声を荒げて注意しても、一切無視するのだそうです。若い新米教師など、小学校低学年の生徒に馬鹿にされ、言い返すことすらできずに泣きながら職員室に逃げ込むこともあったそうです。そのため、特に女性教師の授業中には、ベテランの男性教師が立ち会うように慣例化されたのだそうです。これで、やっと少しは落ち着いて授業が出来るようになったとか。しかし、このお話の核心部分は、騒ぎ出す特定の子供たちの中に、遠視、乱視、弱視の児童が大変多いというデータがあると言うことが問題なのです。つまり、授業を受けたくても黒板や教科書の文字があまり良く見えない、見え難い…それが災いして授業に集中できず、騒ぎ出すことが多かったのだと言うのです。俄かには信じられない事例ですが、これは現実にあったお話です。また、別の友人は、あるレーシック専門病院で電話受付をアルバイトでしていたのですが、子供の遠視、乱視、弱視をレーシックで治療して欲しいと言う母親の相談が多いことが気になると言っていました。その多くは、就学して学校の視力検査で、わが子が遠視、乱視、弱視であることを知り、慌ててネット検索でレーシックを知り、電話をかけてきたと言うのです。以前にも当ブログで採り上げましたが、現実にアフィリエイターの運営するレーシックブログで、子供の遠視にレーシックを…と、あり得ない馬鹿げた説明をしているサイトがあったことを記しました。皆さん、ネットなんて何処の誰とも知らない人間が実しやかに情報を発信している場合がほとんどです。特に、金に群がるアフィリエイターたちは、まるでハイエナの如く、知りもしない知識をひけらかし、金儲けになるレーシックサイトに誘導するのです。今、アフィリエイター経由でレーシック手術が一件成約すると、検査で1000〜5000円、手術で30000〜50000円程度の報酬を得ることが出来るそうです。ネットの検索エンジンに「レーシック」と入れて下さい。特定の専門病院か、アフィリエイターのサイトが山ほどヒットします。そこには、大量の病院バナーが張り巡らされています。中には、特殊なタグを使い、あなたのクッキーを引っこ抜くあこぎなサイトも存在します。これは、インラインフレームを用いる遣り方で、楽天などクッキーが長期間効くサイトを運営しているアフィリエイターに多いタイプがレーシックサイトを運営する場合が多いパターンです。兎に角、ネットの情報などを断じて信じてはいけません。それは、当ブログも同じです。当ブログとて、素人の情報発信ですから。本当に信頼できる医療機関に直接相談するのが一番です。但し、専門病院だからと言って、金儲けでやっていないとは限りません。特にレーシック専門の病院などは、まず100%近く金儲けで開業しているところばかりです。そう考えて相談した方が賢明でしょう。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。