子供の遠視と弱視はアイパッチで治せ!: 子供の遠視と弱視はこうして治療しよう

子供の遠視と弱視はアイパッチで治せ!




今の子供は小学校で一定時間席について授業を受けることもできない旨の報道を観ることがあります。実はその中の一部に遠視が原因である場合もあるのです。落ち着きが無い、集中力が無い、おまけにテレビを見る時に顔を正目に向けず特定方向に顔を傾けて横目状態でテレビを見ている場合があります。この場合には左右の度数に差があり見えにくい状態であると判断すべきです。これを不同視といいます。左右の度数差が2D以上ある場合を指します。この時点で親御さんが気づき眼科医などで検査を受けてアイパッチ治療(後述)などをすることで、将来弱視になることを防ぐことが可能です。しかしこの頃の親たちはあまりわが子に関心がなく、このサインを見落として就学期にやっと気づき大慌てして眼科医に駆け込むことが多くなっています。残念ながら就学期に気づいても正視に戻せる可能性は限りなく少なくなってしまいます。子供の場合6歳程度の年齢以前に遠視や弱視の状態を発見して治療を開始しなければ、その治療法が効果を顕すことは難しくなります。
アイパッチ治療とは視機能発達期である幼少期に対して行われる対象療法です。主に弱視の治療法といわれています。特に左右の度数に差が著しい不同視眼の矯正に効果があるといわれています。療法自体は至極簡単で、健常眼にアイパッチを日常装用することで弱視眼の視力発達を促す治療法です。アイパッチを装用する時間や期間については専門医の診断と指導が必要になります。なるべく早く治療を始めれば、それだけ正視に戻せる可能性も高くなることは当然です。そのため、常に幼少期の子供と居る時間の多い母親がわが子への関心を持つことが発見に結びつきもするため、なるべく多くの時間をわが子と過ごすことが大切になります。
年齢が少年期から青年期に達し遠視が残っていて、眼鏡などによる矯正で視力が出るようであれば、将来(18歳以上)レーザー治療で視力を回復できる可能性も出てきます。レーザーによる視力矯正手術には遠視矯正も含まれていますが、遠視矯正を行っている専門医療機関は未だに少なく、臨床経験の多い優れた技量を持つ医師も数が少ないのが現状です。但し、これら遠視矯正の技量に優れた医師に巡り合えて場合、かなりの確立で視力が回復する可能性も残されているようです。近視や乱視の矯正に比べ臨床データが少ないことが気がかりではありますが、ごく近い将来には安心して遠視矯正治療が可能となることでしょう。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。